プロフィール


 中川 平一 (なかがわ へいいち)

                                                                    
1939年 東京 新宿に生まれる
1945年 調布に転居
調布第一小、調布中を卒業
在学中は、ノートや教科書の余白に、マンガを描いていた。
「漫画少年」「冒険王」などの雑誌に熱中。
1958年 都立神代高校卒業
在学中に、日展系の妹尾寿信先生の本格的な油絵に接する。
また、初めて石膏デッサンを習う。その頃画架を並べた美術クラブの仲間とは、現在も親交を持つ。
1963年 東京学芸大学美術科卒業
在学中にゴッホ展(読売新聞主催)を見て感動。その影響で、「ゴッホ素描集」を手本に模写し、ペンに
よる素描、淡彩を独学で学ぶ。
1964年 〜調布市立染地小、第三小、上ノ原小、深大寺小、杉森小に勤務
時間を捻出するために出勤前の早朝に、素描や油絵を描き始める。以後、40年間、失われつつある調
布の民家や木立などの自然を愛惜し、現場で制作。この週間を継続している。しきりにゴッホの名を口に
するので、図工専科仲間から「調布のゴッホ」と呼ばれた事がある。(笑)
1965年 第1回個展「椿近代画廊」それ以降、中野、銀座、たづくり会館で個展開催
計15回(美術団体に属さず、個展中心に作品発表)
1984年 〜タウン誌「ちょうふとーく」に、調布・狛江百景連載
1990年 〜世界遺産巡り「イースター島」「古代エジプト」「アンコールワット」「アルタミラ洞窟壁画」「ナスカ地上
絵」「マチュピチュ」など
1993年 百景達成記念展「パルコ・スペース7」及び「調布画廊」
「中川平一画帳」(「ちょうふとーく」により出版)
2004年 「中川平一風景画展」 -調布を描いて40年- (財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団主催)
「中川平一風景画集(1)」刊行
〜愛とぴあ「調布淡彩画の会」講師
2009年 「中川平一風景画展」 -調布を描いて45年- (財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団主催)
「中川平一風景画集(2)」刊行

現 調布市立杉森小学校勤務